DMM CM AWARDS|グラフィック賞

ロボットがいる新しい生活

白百合 / デジタルハリウッド大学

作品コンセプト

コンセプトは「彼とロボットの温もり」 人間誰でも大切な人がいなくなってしまったら悲しいもの。それでも生きていかなければならない、そう分かっていても感じてしまう心苦しさや寂しさ。そんな時、そばで癒しや温もりをくれるボロットがいる。「おはよう」や「ただいま」、何気ない一言でも対象がいるかいないかでは気持ちが違う。ロボットに寄り添うことで、少しでも寂しさが減り笑顔が増えたらまた新しい1日にできるのではないだろうか。 死別した彼が置いていったロボットが、残された彼女と新しい生活を共にしていくストーリーです。 ロボットを残してくれた彼の優しさ、そしてそのロボットが彼女に与える「一人じゃない」という気持ちなど、彼女が感じる温もりを作品に表現しました。

審査員より

哀愁があり、優しいタッチで描かれた続きが見たくなる作品でした。ストーリー性もしっかりと練られており、大変見ごたえがありました。
他のロボットのストーリーも見たくなります。